残された遺族の思いを大切にします
汐留パートナーズグループ

トップページ > 遺族年金について

遺族年金について

遺族給付の種類

遺族年金は大きく分けると、国民年金から支給される遺族基礎年金、厚生年金から支給される遺族厚生年金があります。

遺族年金の支給対象と支給内容は下記のとおりです。

死亡者 対象の方 給付種類
自営業 18歳未満の子のある配偶者 遺族基礎年金
子のない妻 寡婦年金
遺族(要件あり) 死亡一時金
サラリーマン
公務員
18歳未満の子のある配偶者 遺族基礎年金・遺族厚生年金
子のない配偶者(40歳未満) 遺族厚生年金
子のない配偶者(40~65歳) 中高年齢寡婦加算

※子とは、18歳未満は18歳到達年度の末日(3月31日)経過していない子 または、20歳未満で障害等級1級または2級の子かつ婚姻していないこと

遺族基礎年金

遺族基礎年金を受け取るための支給要件は以下のとおりです。

[1] 国民年金の被保険者が死亡したとき※
[2] 日本国に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の被保険者だった人が死亡したとき※
[3] 老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき
[4] 老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしている人が死亡したとき
※ただし保険料の納付済期間(免除期間・納付猶予期間を含む)が被保険者期間の2/3以上あることが要件となります。

遺族基礎年金の支給額

遺族基礎年金の支給額(配偶者が受け取る場合)(平成30年度)
基本額 加算額 合計
子が1人いるとき 779,300円 224,300円 1,003,600円
子が2人いるとき 779,300円 448,600円 1,227,900円
子が3人いるとき 779,300円 523,400円 1,302,700円
※子が4人以上いる場合は、「子が3人いるとき」の額に、子が1人につき74,800円を加算した金額になります。
遺族基礎年金の支給額(子が受け取る場合)(平成30年度)
基本額 加算額 合計
子が1人のとき 779,300円 ―円 779,300円
子が2人のとき 779,300円 224,300円 1,003,600円
子が3人のとき 779,300円 299,100円 1,078,400円
※子が4人以上いる場合は、1人につき74,800円を加算した金額になります。

遺族基礎年金の支給停止と失権

次のような項目に該当すると、遺族基礎年金を受ける権利がなくなります。(失権)

■死亡したとき
■婚姻したとき(事実婚を含む)
■直系血族または直系姻族以外の養子となったとき
■子が死亡又は婚姻したとき
■子が18歳到達時の年度末を終了したとき
■1,2級の障害状態にある子が20歳になったとき
■1,2級の障害状態にある子の障害状態がやんだとき

次の場合に支給が停止されます。

■被保険者の死亡について労働基準法による遺族補償が行われるとき(6年間支給停止)
■子に対する遺族年金の支給停止
・ 配偶者が遺族基礎年金の受給権を有するとき
・ 生計を同じくするその子の父または母がいるとき
(子の受給権が停止)

寡婦年金

寡婦年金を受け取るための要件は以下の通りです

・ 60歳~65歳未満の妻
・ 第1号被保険者としての保険料納付済期間または保険料免除期間が10年以上ある
・ 夫の死亡の当時、夫によって生計を維持され、かつ、夫との婚姻関係が10年以上継続している
・ 死亡した夫が、障害基礎年金の受給権者でない
・ 死亡した夫が、老齢基礎年金を受給していない
・ 夫が死亡した当時、妻が繰り上げした老齢基礎年金を受けていない

※ 老齢基礎年金、遺族基礎年金、遺族厚生年金などと同時に受け取ることはできません。

死亡一時金

死亡一時金を受け取るための要件は以下の通りです。

(1) 第1号被保険者としての保険料納付済期間の月数と、保険料免除期間(学生納付特例期間及び若年者納付猶予期間以外)を合計した月数が36ヶ月以上ある
(2)老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受給しないまま死亡したとき

※遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹) に支給されます。 ただし、その人の死亡により,遺族基礎年金を受けられる遺族がいるときは、死亡一時金は支給されません。また、寡婦年金と死亡一時金の両方を受けられる場合は、選択によりいずれか一方が支給されます。

遺族厚生年金

遺族厚生年金支給要件は以下のとおりです。

・ 厚生年金の被保険者が死亡したとき
・ 被保険者期間中に初診日のある病気やケガで初診日から5年以内に死亡したとき
・ 1,2級の障害厚生年金の受給権者が死亡したとき
・ 老齢厚生年金の受給権者や受給資格期間(原則5年)を満たした人が死亡したとき

遺族厚生年金の支給額

亡くなった人が生きていた場合にもらえたであろう老齢厚生年金の3/4が支給されます。
在職中の死亡時に40歳以上で子のいない妻は40歳から65歳まで、子のいる場合は末子の18歳年度末から65歳まで支給されます。

遺族の範囲

1.配偶者および子
2.父母(養父母、実父母の順)
3.孫
4.祖父母
夫・父母・祖父母は55歳以上で、支給開始は60歳から。子または孫については、(1)18歳に達する日以後最初の3月31日までにあって、婚姻していない、(2)死亡の当時から引き続き障害等級1、2級に該当する障害の状態にあるものに限ります。

中高齢寡婦加等

・ 夫が死亡したとき、40歳以上、65歳未満で生計維持をしている子がいない
・ 40歳に達した当時、子がいるため遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給していた妻が、子が18歳に到達年度末日(子が1級・2級の障害状態にある場合は20歳)に達し遺族基礎年金が受けられなくなったとき
・ ただし老齢厚生年金の受給権者または受給資格期間を満たしている人が死亡したときは厚生年金保険の被保険者期間が原則20年以上あることが必要です。

中高齢寡婦加等の支給額

年金額は584,500円(平成30年)です。